このエントリーをはてなブックマークに追加

我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。脱亞論 保守まとめのまとめ読み

PR:性病・エイズ・がん検査を自宅で早く安く確実に!

【拡散】韓国人のルーツは、高麗人でも百済人でもなくエベンキ族!


◆韓国人のルーツは、高麗人でも百済人でもなく別民族のエベンキ(エヴェンキ)族である。 

韓国では大真面目に国家機密扱いらしく、エンコリでこの関係のスレが立つと10分以内に運営によって消された。
余程都合が悪いらしい。  

 

朝鮮のトーテム
 20_0126_9
http://sayasaya.sakura.ne.jp/image/20_0126_9.jpg 

エヴェンキ族のトーテム
 142672917_064dc07307 
http://farm1.static.flickr.com/56/142672917_064dc07307.jpg 

 


 

韓国は日本に対し、日本人と韓国人はもとは同族で、天皇も朝鮮から来たという理屈を押し付けてくる。

日本人はもとより朝鮮の歴史など興味ないから、そんなもんかなと、韓国人の主張を受け入れ、韓国側の日韓同化政策を認めてしまっている。

しかし、真実は、今の韓国人は古代、日本とつながりのあった高句麗・百済を滅ぼしたエベンキ・ワイ族で、日本人と韓国人は言葉も性格も外観もまったく違う別人種なのだ。

 今の在日朝鮮人と同じように、エベンキ・ワイ族が高句麗人に成りすまし、内部から侵入、唐と組んで内側から国を滅ぼしてしまった。白アリのように。

本当の高句麗の王族は古代、エベンキ・ワイ族から逃れ、日本に数千人が渡来、土着した。

その後エベンキ・ワイ族は高句麗を真似て「高麗」と国を作り、高句麗の子孫になりすました。

今の在日朝鮮人が俺たちこそ日本人だというようなものだ。

これは異端の説ではない。研究者なら当たり前の事実である。

実際、中国は、高句麗は今の韓国人と無関係だと歴史論争を繰り広げているし 、言語学者も高句麗語は韓国語とまったく似ておらず、日本語との音韻の類似を指摘している。

日本人よ、騙されてはいけない。明治期の日本人は朝鮮人が入れ替わっている事実を知らず、韓国を併合、 しかし、韓国エベンキ・ワイ族は感情剥き出しの嘘つきで、日本人とまったく別人種であるため、折り合いが悪く、人口を2倍にしたにもかかわず,未だに恨まれ金をせびられ続けている。

 

そして、今、また韓国エベンキ・ワイ族は日本の国力で発展を図ろうと、日本に対し、もとは同族であると偽り、内部から侵入、日本を乗っ取ろうとしている。

日本人よ、目を覚ませ!

 

高句麗を滅ぼし、その名称を真似て「高麗」を作った韓国人と北朝鮮人は、日本人とは異なる別人種であるエベンキ族、ワイ族であり、天皇家の仇敵なのだ! 

 

過去、唐と契丹の大国に挟まれても、うまく両方を手なづけたやり方を見習っていた。

民族も高句麗と韓国は違うしね。それを金正日は意識していた。

さらにだ、

 

・箕子朝鮮(きしちょうせん – 紀元前194年)中国の殷を出自とする中国人の箕子が建国したとされる朝鮮の伝説的な古代国家。

http://ja.wikipedia.org/wiki/箕子朝鮮 

 

・衛氏朝鮮(えいしちょうせん 紀元前195年? – 紀元前108年)は、考古学的に証明できる朝鮮の最初の国家。中国の燕を出自とする中国人亡命者である衛満氏

http://ja.wikipedia.org/wiki/衛満 

 

・韓国歴史(捏造)ドラマ作って喜んでる高句麗を建国した伝説上の人物である「朱蒙」(チュモン)は、扶余族=濊(わい)族系か、女真族(満州族)らしい

朱蒙の名の由来は扶余の言葉での達人と言う意味である。

 

・今の韓国人のルーツは、中国の紀元前五世紀頃の史書に登場する古代濊(わい)族の子孫=エベンギ族である。

 

何も疑問に思わなくても、漢の正史にきちんと載っている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ワイ人

 

高句麗を滅ぼし、その名称を真似て「高麗」を作った韓国人と北朝鮮人は、日本人と天皇家の仇敵なのだ! 

 

参考:yahoo!知恵袋 朝鮮韓国人のルーツはエベンキ族である。

 


エヴェンキ – Wikipedia

エヴェンキエベンキ(ロシア語 Эвенки (Evenki)、英語 Evenks、中国語 鄂温克族 (拼音: Èwēnkè Zú))は、ツングース系民族の一つで、主にロシア国内のシベリア連邦管区にあるエヴェンキ自治管区に居住する。ほか、ロシア国内ではサハ共和国などにも居住し、中国国内でも興安嶺山脈周辺の内モンゴル自治区エヴェンキ族自治旗・黒竜江省などに居住している。

概説

同系統ののオロチョン族とテュルク系のヤクート族と混血を繰り返して、生活を営んでいた。

エヴェンキの民族を代表する生業は狩猟とトナカイ遊牧で、狩猟では皮革採取や肉・内臓の食用のために鹿類、テンなどが捕獲の対象である。狩猟の際の移動にはトナカイに騎乗し、トナカイで荷物も運搬する。 交配のための種雄を除き、雄のトナカイには去勢を行なう。トナカイはそのほか、乳飲用に利用するほか、その肉・内臓・血を食用・飲用とし、中国では漢方薬として袋角採取も行う。基本的にトナカイの飼育・管理は女性の仕事であり、男性が狩猟に専念しやすくなっている。

古来からあるエヴェンキの伝統的な住居はオロチョン族とヤクート族と同様に、比較的細い白樺などの幹を何本も組んで、その外部をトナカイなどの毛皮、または夏には樹皮で覆った円錐形の天幕式住居である。現在では定住化のため、ベースとなる住居は近隣のロシア人や漢族と同様のものだが、狩猟や、地衣類の豊富な場所へのトナカイの移動で、ベースの住居を離れねばならない場合、伝統的な天幕式住居またはその他のテントを設置して野営する。

韓国の主張

2005年にイ・ホンギュ 韓国ソウル大医大教授は「韓-ロシア ユーラシア文化フォーラム」で「韓国人は北方モンゴロイドのエベンキ族と南方原住民の血が混ざって形成された民族」と、独自の説を主張した。 朝鮮民族の祖先とも言われ言葉や文化が似ている、カン教授によれば「韓国語の起源がツングース語だという学説を後押しできる実体的証拠が発見された、さらに多い研究が必要だ」ということ。教授はまた、エベンキ人と韓国人の人種的類似性と関連、「何年か前にDNA検査のためにエベンキ人の髪の毛をソウル大学に渡したことがあるが、まだ研究結果は聞けなかった。エベンキ人たちも私たち(韓国人)のようにモンゴル斑点があり、顔付きも似ている」とも話した。またバイカル近隣の少数民族「エベンキ族」は現在まで「アリラン」と「スリラン」という単語を使っており、シベリア原住民の遺伝子と韓国人の遺伝子型を分析した結果、約70%が典型的なモンゴロイドの遺伝型を見せた。父系を知らせてくれるY染色体の場合、シベリア原住民は主にO型、南アジア原住民はC・D型。韓国人はO型とC・D型が混ざっているという。イ・ホンギュ ソウル大医大教授は「韓国人は北方モンゴロイドのエベンキ族と南方原住民の血が混ざって形成された民族」と主張した。


 韓国が認めたくない韓国人のルーツ

【長浜浩明】韓国人は何処から来たか[桜H26/4/15]

 


 

 関連:  

DNAでみる古代日本人と朝鮮人

日本人のルーツ DNA解析 日本人と中国・韓国人は別人種