このエントリーをはてなブックマークに追加

我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。脱亞論 保守まとめのまとめ読み

PR:性病・エイズ・がん検査を自宅で早く安く確実に!

TBS「ひるおび」の『最低すぎる制作事情』が暴露されて視聴者騒然。八代弁護士の発言には役割あり

1:名無しさん@涙目です。:NG NG BE:306759112-BRZ(11000).net

昼の情報番組『ひるおび!』(TBS系)に出演中の弁護士の八代英輝氏が、11月8日の放送でアメリカのドナルド・トランプ大統領との晩餐会に元従軍慰安婦の女性を招待した韓国を手厳しく批判し、毎回繰り返される反日姿勢に「もう安定の告げ口外交、内向き外交ですね」と苦言を呈した。

ひるおびはこれまでにも、番組を挙げて自民党批判を繰り返しており、ジャーナリストの大谷昭宏氏や作家の室井佑月氏、政治評論家の伊藤惇夫氏などリベラル派をコメンテーターに据え、明らかな偏向報道をおこなってきた。過去には東京都庁に問い合わせがあった苦情の1位が『朝鮮学校問題』だったにもかかわらず、放送内では一切取り上げなかったという指摘をされたこともある。

「以前、八代弁護士は『僕が発言するとCMに入ってカットされてしまう』と番組内で発言し、波紋を呼んだことがあります。これに対して視聴者からは『八代さんは唯一の良心。頑張ってください』、『八代さん、偏向番組を変えて下さい』など応援する声が広がりました。最近では、あまりにも正論を言うので、いずれ番組を降板させられるのではないかと、その去就を心配する意見もでています」(テレビ雑誌ライター)

「ひるおび!」出演の八代英輝弁護士が番組批判を繰り返す理由
https://myjitsu.jp/archives/36101

続きを読む