このエントリーをはてなブックマークに追加

我は心に於て亞細亞東方の惡友を謝絶するものなり。脱亞論 保守まとめのまとめ読み

PR:性病・エイズ・がん検査を自宅で早く安く確実に!

海外「こんな凄い男がいたのか」 英空軍で英雄となった日本人パイロットに賞賛の声

今回はイギリス空軍の英雄、ハリー・フサオ・オハラ氏の話題から。

オハラ氏は1891年横浜生まれで、早稲田大学中退後、英領インドに渡印。
現地で日本の新聞社の記者として働いていたのですが、
第一次世界大戦勃発直後、日本と同盟を組んでいた英国軍の志願兵となります。

オハラ氏の勇敢さは当時、複数の新聞社から賞賛されるほどで、
その功績から、1917年には正式に空軍のパイロットに。
翌年に顎を撃たれて引退するまでに負傷した回数は70回と伝えられており、
その闘争心に対して、イギリス軍から複数の勲章が贈られています。

終戦後にはイギリス人女性と結婚し、3人のお子様と共にロンドンで生活。
怪我の影響で仕事をするのに苦労し、さらに第二次世界大戦が始まってからは、
日本とイギリスは敵国同士となったため、強制収容所への収監も経験。
それでもなお、オハラ氏はイングランドと英国の生活様式を愛していたそうです。
1951年、癌により永眠。享年59。

現在イギリスの空軍博物館には、アジア人としてただ一人、
イギリス空軍の英雄として、オハラ氏の写真が飾られています。

100年も前に異国で英雄となったオハラ氏の波乱万丈な人生に、
外国人から様々な声が寄せられていましたので、その一部をご紹介します。

海外「武士道の意味が分かった」 戦時中に敵兵を救助した日本人艦長に感動の声

4637.png